自治体から送付する住民宛通知の デジタル化サービスを販売開始 [凸版印刷]

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、秘匿性の高い通知物をデジタル化し、個別に配信する通知物電子送付サービス「Speed Letter Plus®(スピードレタープラス)」を開発、2022年7月から本格的な販売を開始します。本サービスでは、マイナンバーカードなどを使い本人確認を登録時に行うことで情報セキュリティを担保。配信後は、閲覧状況などの確認も可能です。
 本サービスを自治体などに向け展開することにより、通知物の作成から閲覧までをDXで支援し、行政の業務効率化と、住民へのサービス向上に貢献していきます。

https://www.toppan.co.jp/news/2022/07/newsrelease220711_3.html