AIでコンクリート構造物の表層品質を評価するアプリを開発 [鹿島]

鹿島(社長:天野裕正)は、コンクリート打設後の表面状態の検査および品質管理を支援するツールとして、コンクリート構造物の表層品質をAIが評価するアプリを開発しました。
 当社は、コンクリート構造物の品質を確保・向上するためのシステム「コンクリート・アイ®」の構築を進めています。「コンクリート・アイ」は、生コンクリートの現場受入れ時の性質や状態、コンクリート打継面の処理状態、打設後の表層の品質など、各段階における「コンクリートの状態」をリアルタイムで「見える化・データ化」し、それを分析することで、コンクリート品質の改善活動(PDCAサイクル)に反映するシステムです。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202209/13c1-j.htm