災害時も平常時も有効活用できるエリアプラットフォームの構築を港区赤坂地域で実証 [鹿島]

鹿島(社長:天野裕正)は、東京都が公募した「地域を主体とするスマート東京先進事例創出事業」に港区赤坂地区総合支所(総合支所長:中島博子)とともに応募していたところ、このたび事業主体に採択されました。今後、港区赤坂地域において、同地域に関連する諸団体・事業者、赤坂地区総合支所、鹿島グループ各社と連携し、地域に根付き・寄り添い、災害時も平常時も有効活用できるような、まちづくりに資するサービス基盤 “エリアプラットフォーム” の構築を実証します。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202209/14a1-j.htm