植物の生体データとAIを用いた収量予測/コスト最適化を行う実証実験を開始 [マクニカ]

農業事業者向けのデータ基盤、クラウド、計測IoTの開発とサービス提供を行うPLANT DATA株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役:北川 寛人、以下PLANT DATA)、トマトの栽培における世界トップクラスの単収量を誇る農業法人、有限会社アグリマインド(本社:山梨県北杜市、代表取締役:藤巻 公史、以下アグリマインド)、半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス・ソリューションプロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、2022年11月よりアグリマインドの農場にて、トマトの収穫量予測、従業員の労務管理、各種計測自動化などをトータルでサポートする「スマート農業プラットフォーム」の実証実験を開始いたしました。

https://www.macnica.co.jp/public-relations/news/2022/142390/


error: Content is protected !!