埼玉県立大学 「訪問・遠隔併用リハビリテーションサービス」の実証実験を開始 [ユニアデックス]

医療法人社団鴻愛会 こうのす共生病院、ユニアデックス、公立大学法人 埼玉県立大学は、訪問・遠隔併用でのリハビリテーションサービス(以下、訪問・遠隔併用リハビリ)の実証実験を、本日から開始します。
訪問・遠隔併用リハビリでは、訪問リハビリと遠隔リハビリの頻度を適切に調整し、利用者の身体機能向上、安全な日常生活活動(ADL:注1)の獲得、および獲得までの期間短縮などを目指します。さらに、これにより在宅医療・介護費用の削減にもつながることを期待しています。

https://www.uniadex.co.jp/news/2022/20221115_remote-rehabilitation.html


error: Content is protected !!