自律走行搬送ロボットシステム「T-DriveX」を開発 [大成建設]

大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、「生産プロセスのDX」の一環として、建設現場特有の作業環境に適応可能な自律走行搬送ロボットシステム「T-DriveX」を開発しました。本システムは、資機材の配置や障害物の位置が施工状況に応じて日々変化する建設現場の環境下において、自由度の高い自動搬送を行うことにより資材搬送の省人化を実現する技術で、フォークリフト型ロボットと軽量タイプのパレット型ロボットの2機種で構成されています。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2023/230821_9622.html


error: Content is protected !!