自律走行型アバターロボットを活用した施設警備支援サービスを発表し、大分放送、大分合同新聞社、オーイーシーにて実証実験を開始 [沖電気工業]

株式会社オーイーシー(大分県大分市/代表取締役社長:加藤 健、以下オーイーシー)と、日本連合警備株式会社(大分県大分市/代表取締役社長:馬場ヒロ子、以下日本連合警備)と沖電気工業株式会社(東京都港区/代表取締役社長執行役員:森 孝廣、以下OKI)は、警備業界が抱える人手不足という課題を、人とアバターロボットの協調業務により、人手で行われていた巡回や監視の回数を減らすことにより解決する「自律走行型アバターロボットを活用した施設警備支援サービス」を共同開発しました。

https://www.oki.com/jp/press/2023/10/z23052.html


error: Content is protected !!