印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発 [産総研]

NEDOプロジェクトにおいて、未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)の組合員である産業技術総合研究所は、印刷法により形成できる高性能なp型の有機系熱電変換材料を開発、発電性能を示す出力因子で世界最高レベルの600 μW/mK2を実現しました。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170314/pr20170314.html

[`evernote` not found]
Facebook にシェア