全国47都道府県9,400人を対象に、肺炎に関する意識・実態を調査 [ファイザー]

ファイザー株式会社

抗生物質の進化に伴い感染症で亡くなる方は大きく減少してきましたが、1980年代から肺炎による死亡率が徐々に増加しており、日本における死因の第3位になろうとしています。
そこで、ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田 一郎)は、全国47都道府県30歳以上の9,400人(各都道府県男女/各100人、計200人)を対象に、「肺炎」に対する認識を明らかにするためインターネット調査を実施しました。