福島県湯川村様が放射線空間線量測定システムを採用 [富士通エフサス]

当社はこのほど、福島県湯川村様に放射線空間線量測定システム「DRdog(Detec Radiation Dog)」を導入致しました。

湯川村様では、これまで村民の安全を第一に考え、東日本大震災後の原発事故に伴う放射線の除染を進めてまいりました。除染に際しては、除去土壌等保管場所の放射線値管理が重要となり本システムの導入により、放射線量測定表示をリアルタイムで確認できるほか、測定値のメモリ蓄積により必要データの収集が容易になりました。

湯川村様は本システムの活用により、除染事業による仮置場の放射線量を村民に開示する事により、地域住民への理解に努め、村民の安全・安心に尽力する予定です。

http://jp.fujitsu.com/group/fsas/release/2013/0513.html