がん診断、角膜再生医療に情報処理・利用技術を活用 [NEDO]

NEDOは、我が国が強みを有する情報処理・利用技術を活用した先進の医療システム開発に着手します。
本プロジェクトでは、患者本位の治療に近づけるとともに、また再生医療の研究成果をいち早く患者に届けるため、〔1〕がん患者それぞれの症状や事情に応 じて、投薬や放射線などの治療方法を選択し、診療プロセスを最適化できる『がん診断・治療ナビゲーションシステム』、〔2〕損傷を受けた角膜の移植手術に 利用可能な自家培養※1角膜上皮シートについて、移植後の有効性を予測する『再生医療製品の有効性予測支援システム』の開発に取り組みます。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100300.html