DISAANAで日本語ツイート100%を分析・検索可能に [情報通信研究機構]

NICTは、耐災害ICT研究センター及びユニバーサルコミュニケーション研究所において開発を行っている対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)のリアルタイム版を平成27年4月8日からWeb上に試験公開しています。これまでの試験公開では、日本語ツイートの10%を対象としてDISAANAを運用していました。
平成28年熊本地震を受け、このたび、Twitter社及び株式会社NTTデータ両社のご協力により、期間限定で、日本語ツイートの100%を対象にしてDISAANAをご利用いただけることになりました。日本語ツイート100%の検索ができることにより、時間経過とともに変化する被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルを、より網羅的に把握できるようになります。

http://www.nict.go.jp/press/2016/04/25-1.html