微粒子表面の模様に残る小惑星イトカワ40億年の歴史 [JAXA]

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松本徹宇宙航空プロジェクト研究員が率いる研究チームは、小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワから回収し、地球に持ち帰った微粒子の表面模様を分析した結果、微粒子表面に40億年以上昔から現在に至るまでの歴史が刻まれていることを発見しました。

http://www.jaxa.jp/press/2016/06/20160622_itokawa_j.html