風力発電設備の雷被害低減を目指した評価技術開発に着手 [NEDO]

NEDOは、落雷被害による風車の停止時間を低減し稼働率を上げるため、雷検出装置等の評価技術に係る開発に着手します。

この事業では、風力発電設備への落雷を検出する雷検出装置の所要性能の検討や接地システムの健全性確認技術の開発、雷リスクマネジメント方策の取りまとめを行うことにより、落雷時の風車の停止時間低減、風力発電設備の適正な運用による稼働率の向上を目指します。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100670.html