パッケージ型自動消火設備Ⅱ型「スプリネックス ミニ」CPW13094、パッケージ型自動消火設備Ⅰ型「スプリネックス ミドル」FSSM013Hを発売 [モリタホールディングス ]

当社の 100%子会社であるモリタ宮田工業株式会社(本社:東京、代表取締役社長:田中幸男)は、延べ床面積 275 ㎡未満の小規模福祉施設において、スプリンクラー設備の代替品として部屋毎に設置可能な、パッケージ型自動消火設備II型「スプリネックス ミニ」の準不燃未満の壁材(木質材料等)に対応したモデル「CPW13094」と、本体を屋外へ設置し複数の部屋をカバーできるパッケージ型自動消火設備I型「スプリネックス ミドル」を1月20日(金)より販売開始いたします。
http://www.morita119.com/ir/pdf/20170119.pdf