国内初 大型燃料電池のスマートコミュニティへの活用を開始 [大成建設]

大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、このたび技術センターに固体酸化物形大型燃料電池(SOFC※1)を導入し、SOFCから得られる電気と熱を、国内で初めてスマートコミュニティのエネルギーとして活用します。SOFCは水素と酸素から電気と熱を生成し、二酸化炭素を発生させないため、低炭素社会実現への一歩を推し進めることができます。
http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2017/1439237324443.html