光超音波リアルタイム3Dイメージングを実現する超音波センサの開発に成功 [科学技術振興機構]

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「イノベーティブな可視化技術による新成長産業の創出」(プログラム・マネージャー:八木 隆行)の一環として、ジャパンプローブ株式会社 研究開発センター長の大平 克己(オオヒラ カツミ)氏らの研究開発グループは、1024個の超音波受信用の圧電振動子を球面形状に配置した超音波センサを開発し、光超音波イメージング法注1)によるリアルタイム3Dイメージングを実現しました。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170714/index.html