海底設置型フラップゲート式水門を初受注 [日立造船]

日立造船株式会社は、このほど、岩手県より大船渡漁港(以下、同漁港)の海岸高潮対策事業により、海底設置型フラップゲート式水門を初受注しました。本件は海底設置型としては初の受注となります。当社はこれまで陸上設置型「neo RiSe®」の納入実績を積み重ねてきましたが、海底設置型が新たに実用化されることで、今後、より広範囲にわたり津波対策が可能となります。

http://www.hitachizosen.co.jp/news/2017/10/002872.html