免疫組織発生の進化過程を解明 [理化学研究所]

理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター免疫転写制御研究グループの谷内一郎グループディレクターと天野麻理客員研究員らの国際共同研究チームは、マウスを用いて、Runx転写因子[1]のサブユニットである「Cbfb2」が、胎児期に肝臓で作られるT細胞[2]前駆細胞の分化と胸腺[3]への移動(遊走)を制御していることを発見しました。

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180124_1/