タブレット端末を活用した山岳トンネル遠隔立会システムを開発 [清水建設]

清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いたリアルタイム遠隔立会システムを開発しました。本システムは、当社が開発を進めている次世代型トンネル構築システム「シミズ・スマート・トンネル」の一環として開発したもので、特徴は、発注者の検査員が現場に赴くことなく、遠隔地の端末上で施工状況の確認から記録写真・帳票類の承認に至る一連の検査プロセスを完結できることです。本年11月から、西日本高速道路(株)と共同で、同社発注の湯浅御坊道路川辺第一トンネル北工事(和歌山県)の品質・出来形検査の一部を対象に試験適用を開始しました。

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2018/2018040.html