資機材の管理・運用を効率化するシステム 「KENLOGI」・「K-Field」を開発 [鹿島]

鹿島(社長:押味至一)は、既存の識別タグを活用してあらゆる資機材の現場への出入りを把握する在庫管理システム「KENLOGI」(ケンロジ)※1と、資機材の現場内での位置情報や稼働状況をリアルタイムに把握するシステム「K-Field」(ケイ・フィールド)※2を開発しました。
 「KENLOGI」と「K-Field」を併せて活用することで、建築現場に数多く存在する高所作業車など様々な資機材の在庫管理を、従来の人手による管理から飛躍的に効率化するとともに、位置情報や稼働状況をマップ上でリアルタイムに「見える化」することで、生産性の向上を図ります。

https://www.kajima.co.jp/news/press/201903/6a1-j.htm