環境センサーは気温・湿度・気圧を、人感センサーは人を感知 遠隔地の状態をクラウドに記録、異変があれば通知やIoT機器と連動可 どこからでも遠隔地の状況確認ができる「どこでもセンサー」新発売 [プラネックスコミュニケーションズ]

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、遠隔地に住む親の見守り、無人施設の防犯、環境調査、行動調査などに利用できる2種類の「どこでもセンサー」を発売します。
 「どこでも環境センサー WS-USB01-THP」は気温、湿度、気圧のデータを、「どこでも人感センサー WS-USB02-PIR」は人や動物の接近を検知し、クラウドを経由して何処からでもデータを知ることができます。価格はオープンプライス、2月15日より販売を開始します。

http://www.planex.co.jp/news/release/2019/20190215_ws-usb.shtml