送電設備の保守点検業務の安全性向上や効率化に向けたドローンによる「送電線自動追尾点検」の試行導入について [日本電気]

東北電力株式会社(以下、東北電力)は、効率的な現場情報の収集を目的にドローンを積極的に活用しており、先般の台風19号においても、立入が困難な個所(山間部や浸水、土砂崩れ等)については、徒歩やヘリコプターに加え、ドローンも活用し設備被害状況の把握に努めてきました。
このたび、東北電力では、ドローンのより先進的な活用の一環として、送電設備の保守点検業務の安全性向上や効率化を目的に、日本電気株式会社(以下、NEC)が本年開発した「ドローン用送電線自動追尾撮影ソフトウェア」(以下、本ソフト)を活用し送電線をドローンで自動追尾点検する手法を、試行導入することといたしました。

https://jpn.nec.com/press/201910/20191028_01.html