ビッグデータ、AIによりスマートビルを推進するデータ・プラットフォームの新機能を開発 [竹中工務店]

竹中工務店(社長:佐々木正人)は、スマートビル実現のため新機能を有したデータ・プラットフォーム※1である「ビルコミュニケーションシステム®」(以下、ビルコミ®)を開発し、「コモングラウンド・リビングラボ※2」(以下、CGLL)にて実証実験を開始しました。ビルコミ®の導入によって、ビッグデータの取り扱いやAI(Artificial Intelligence)適用など、多様な要求を持つスマートビルのユースケースに対応することができます。

https://www.takenaka.co.jp/news/2021/05/02/