オープンエリアの音環境制御システム「オトノカサ」を開発 [清水建設]

清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、TOA(株)<社長 竹内一弘>と共同で、オープンなオフィス空間で交わされる会話音声が周囲に拡散するのを抑制する音環境制御システム「オトノカサ」を開発しました。オトノカサは、打ち合わせ場所の上部を覆う放物面の焦点に設置したスピーカーから、マイクで集音した会話音声を上向きに放射することで、放物面の直下にのみ拡声された音声を提供する指向性会話支援システムです。これにより、打ち合わせ時の声量を抑えてもスムーズな会話のやり取りが可能になり、周囲の執務者が会話音に煩わされずに執務に集中できるようになります。
https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2021/2021030.html