ヘルスエアー技術で浮遊する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の低減効果を確認 [三菱電機]

三菱電機株式会社は、一般財団法人日本繊維製品品質技術センター神戸試験センターと共同で、当社独自※1のヘルスエアー®技術が、実空間を模擬した1立方メートルの空間に浮遊する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2※2)の残存率を5分間で99%以上低減することを確認しました。今後も当社は、ウイルス・菌抑制などの空気清浄技術を向上し、室内空気質の改善に貢献します。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2021/0805.html