AIを用いた路線バスの乗客安全監視システムの実証実験を開始 [フジクラ]

株式会社フジクラ(東京都江東区、取締役社長CEO:伊藤雅彦)は、山梨交通株式会社(山梨県甲府市、代表取締役社長:雨宮正英)と、株式会社エジソンエーアイ(東京都港区、代表取締役:山浦真由子)と共同で、山梨県庁のご協力のもと、山梨県甲府市において、車内カメラを用いたAI画像解析によるバス乗客の安全監視システムに関する実証実験を2021年10月18日より開始します。実際に営業走行する路線バスで、AIを用いた乗客監視エッジコンピューティング*1の実証実験は日本初となります。

https://www.fujikura.co.jp/newsrelease/products/2064641_11541.html