世界初、相対速度200km/hでの小型無人航空機の自律的な衝突回避に成功 [日本無線]

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:小洗 健 )、株式会社SUBARU、日本アビオニクス株式会社、株式会社 ACSL、マゼランシステムズジャパン株式会社は、9月9日から10日、広域飛行空域(福島県南相馬市)で、小型化/低消費電力化されたセンサーを10kgクラス無人航空機に搭載して、自律的な衝突回避試験を実運用速度域である相対速度200km/hで実施し、世界で初めて成功しました。これは小型無人航空機を社会実装するための目途立てとして、大きな前進となるものです。
http://www.jrc.co.jp/jp/about/news/2021/1108-1.html