機器の時系列データから解釈性に優れた物理モデルを自動生成し、 機器の「異常検知」と「異常発生要因の判定」が可能なAI技術を開発 [東芝]

当社は、社会インフラ設備における、機器の異常検知と異常発生要因を判定する物理モデル(*1)を自動生成するAI技術を開発しました。開発したAI技術は、測定した時系列データから対象となる機器の状態や動作を表現する物理モデルを自動で生成し、機器の異常検知に加え、従来は困難だった異常発生の原因となった物理現象の提示が可能です。例えば、機器の温度上昇が埃による目詰まりに起因することを提示できるため、改善対策の立案も容易になります。また、突発的な温度変化や風の流れなど複雑な現象にも対応し、異常発生のメカニズムが複雑なインフラ機器の保全へも適用でき、設備の信頼性を向上させ、社会インフラ強靭化への貢献が期待できます。

https://www.global.toshiba/jp/technology/corporate/rdc/rd/topics/21/2111-01.html