マルチAIを活用した電気通信設備工事の安全向上の取り組みを実現 ~安全確認工程の稼働6割減を達成~[日本電信電話]

日本電信電話株式会社(代表取締役社長:澤田 純、以下 NTT)、NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(代表取締役社長:黒岩 真人、以下 NTTコムウェア)の3社は、2021年6月より2021年10月まで、脚立などの物体認識と作業者の姿勢推定AIを組み合わせて作業者の危険状態を判定するマルチAI※1を活用し、電気通信設備工事の安全向上に関する実地検証(以下 本実地検証)を行いました。本実地検証の結果、電気通信設備工事に欠かすことのできない脚立での作業において、検出率※2の高いものでは約80%の精度で検出し、安全確認工程の稼働を6割削減できることを確認しました。NTTグループでは、今後も新たな技術や仕組みの導入により、安心・安全な職場づくりに取り組んでいきます。

https://group.ntt/jp/newsrelease/2021/11/30/211130b.html