オープンデータを活用した公共施設アセットマネジメント支援システム「KCITY-MTM」の開発 [鹿島]

鹿島(社長:天野 裕正)と、グループ会社の株式会社アバンアソシエイツ※1、株式会社イー・アール・エス※2、株式会社カジマアイシーティ※3の4社は、地方自治体の公共施設アセットマネジメントを支援する分析システム「KCITY-M」(ケーシティ・エム)を開発しました。本システムは、各種のオープンデータやGIS(地理情報システム)を用いて、地域防災や将来人口・まちづくり、施設のマネジメントに資する分析サービスを提供するものです。
 
https://www.kajima.co.jp/news/press/202203/14a1-j.htm