AI による渋滞予測を活用した信号制御の実証実験に成功 [住友電気工業]

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が取り組む「人工知能技術適用によるスマート社会の実現」※1の一環として、一般社団法人UTMS協会(以下、UTMS協会)と住友電気工業株式会社(以下、住友電工)は、人工知能(以下、AI)を活用した信号制御システムの開発を進めています。
このほど岡山県警察本部の協力のもと、岡山市内2カ所の交差点でAIによる渋滞予測を活用して信号を制御する実証実験に成功しました。

https://sumitomoelectric.com/jp/sites/japan/files/2022-04/download_documents/prs045.pdf