放送設備の稼働状況を見える化!施設のBCP対策を放送でサポート 「リモートメンテナンスサービス」提供開始 [TOA]

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、2022年5月13日、放送設備の安定稼働やお客さまの業務負担軽減に貢献する保守サービス「リモートメンテナンスサービス」の提供を開始しました。当サービスでは、機器の稼働状態を常時見える化し、異常発生時の早期の発見や原因特定を可能にします。また、クラウド上で複数施設の設備情報を一元管理できるため、修繕計画の検討やBCP対策にも役立ちます。

https://www.toa.co.jp/products/news/2022/news2022-05-17ai.htm