AIを用いた車両と作業員の接触防止システム「T-iSafety® Truck」を開発 [大成建設]

大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、株式会社IIU(代表取締役:宮達夫)と共同で、現場内に設置したカメラの画像データを基にAIが搬出入車両と作業員の位置を分析し、近接時に音声や回転灯による警告を発して接触防止を図るシステム「T-iSafety Truck」を開発しました。また、本システムは、リアルタイムな近接検知に加え、発生した不安全行動の確認やその後の周知のため、事後に近接状況の記録画像・統計データを可視化する仕組みを導入しており、現場における安全管理の継続的な向上が可能となります。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2022/220926_8963.html