被災した写真をデジタル化してお返しするセーブ・ザ・メモリー プロジェクト 「女川町セーブ・ザ・メモリー 写真センター」を開設 [株式会社リコー]

株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、東日本大震災の被災地で回収された写真をデジタル化して持ち主にお返しする復興支援活動「セーブ・ザ・メモリー プロジェクト」の一環として、1月10日に宮城県牡鹿郡女川町と連携し「女川町 セーブ・ザ・メモリー 写真センター」を開設いたします。同写真センターは、昨年の9月6日に宮城県南三陸町、そして10月15日に陸前高田市に続き3ヶ所目の開設となります。