超低濃度の窒素栄養を効率よく吸収する仕組みをシロイヌナズナで解明 [独立行政法人理化学研究所]

独立行政法人 理化学研究所

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、シロイヌナズナの硝酸イオン輸送タンパク質「NRT2.4」が、超低濃度環境で窒素栄養の吸収を担うことを発見しました。これは、理研植物科学研究センター(篠崎一雄センター長)生産機能研究グループの木羽隆敏研究員、榊原均グループディレクターと、イギリスのジョンイネスセンターのアンソニー ミラー(Anthony Miller)シニアサイエンティスト、フランス国立農学研究所のアン クラップ(Anne Krapp)アソシエイトグループリーダーらによる共同研究グループの成果です。