幼児の眠りを変えるスマホアプリを開発! [科学技術振興機構]

日本の幼児の睡眠が世界的にも短い現状を変えるために、大阪大学 大学院 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学 連合小児発達学研究科(以下、連合小児発達学研究科)長の谷池 雅子 教授らの研究グループでは、東大阪市の保健所と共に、1歳半乳幼児健診に来所した幼児の保護者に、IT技術を用いて睡眠指導を行う計画をたて、協議を重ねてきました。

その結果、谷池教授の研究グループは、幼児の眠りの問題に特化した、専門家に相談でき、指導を受けられるアプリ(タブレット端末でも使用可)「ねんねナビ™」を開発し、併せて、保護者にとてもわかりやすい睡眠教育コンテンツ(動画)も作成しました。幼児の睡眠習慣に対し、長年小児睡眠に携わってきた専門家が個別に助言するアプリは、世界で初めてのものです。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170807/index.html

[`evernote` not found]
Facebook にシェア