筋萎縮性側索硬化症原因遺伝子産物TDP-43の新機能を発見 [科学技術振興機構]

JST 戦略的創造研究推進事業の一環として、東京農工大学の泉川 桂一 特任助教、石川 英明 特任助教、高橋 信弘 教授、首都大学東京の礒辺 俊明 特任教授らのグループは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)注1)の原因となるTDP-43が標的とするミトコンドリアRNAを特定するとともに、その結合がミトコンドリアDNA注2)から合成されるRNA産物の形成制御を通じてエネルギー代謝を始めとするミトコンドリア機能を調節し、その異常が細胞死を誘導することを明らかにしました。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170809/index.html