新規の脱塩素化微生物を用いた汚染土壌・地下水浄化技術を開発 [竹中工務店]

竹中工務店(社長:佐々木正人)と名古屋工業大学(学長:鵜飼裕之)は、高濃度のクロロエチレン類を無害なエチレンまで原位置浄化※1できる脱塩素化微生物(デハロコッコイデス属細菌)を分離・培養して、汚染土壌・地下水を効率的に浄化する技術を開発しました。

https://www.takenaka.co.jp/news/2019/10/05/index.html