BIM による進捗管理システム「BIMLOGI」を開発 [鹿島]

鹿島(社長:天野裕正)は、工場で製作する各種部材の製作・運搬・施工の各フェーズにおける進捗予定と実績を、BIMデータと連携して管理する進捗管理システム「BIMLOGI®」(ビムロジ)を開発しました。本システムの活用により、日々刻々と変化する工事の進捗状況を、リアルタイムに把握し関係者間で共有することができるようになるため、工事の手戻りや手待ちの発生を減らすことができます。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202108/19a1-j.htm