建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価するシミュレーションツールを開発 [清水建設]

清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、高レベルの音響品質が求められるホール、劇場等のデザイン検討の合理化を目的に、初期設計段階の3次元CADデータから建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価できる音響シミュレーションツールを開発しました。このツールは、独自の音響解析プログラムを3次元CADツールと連携させたデジタルデザインツールです。音響の専門知識がなくても簡単に利用でき、設計者は、専門家の知見に頼らず、プロジェクトの初期段階で、計画案の音環境の良否を迅速に把握することが可能になります。

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2022/2022005.html